パニック障害を克服した40代ママの健康温活Life

ストレスや冷えから自律神経失調症、パニック障害になったことがあり、健康や温活に関する食品やサプリ、運動などを取り入れ克服できた内容や健康に関して得たことなどをご紹介しています。

仕事(在宅)の休憩時間に取り入れている自律神経にも良い体操~①

在宅でデータ入力の仕事を始めて約1年が経ちました。

 

時給制なので、休憩時間以外は席を立つことなくパソコンに向かい、ひたすら入力する毎日です。


以前、在宅で出来高制のお仕事をしていたときは、慣れるまで納期ギリギリになりそうなときは寝る時間を削って入力したり、徹夜をしたこともありました。


その頃を思うと、自分で申請したシフト(9:00~16:30)の時間内は仕事に集中し、終了時間になれば育児や家事に専念できるので有難くお仕事させていただいてます。


10分休憩が数回あり、その休憩時間にストレッチや体操をしないと同じ体勢でずっとパソコンに向かっているので、体がガチガチに凝ってしまいます。


休憩時間のたびにおこなっている自律神経にも良いと言われる体操をご紹介します‼

 

☆イスの背もたれに首をあて頭を左右に振ってマッサージ

 

イスに浅く腰かけて背もたれの上部に首の後ろをあてます。目を閉じて、頭をななめ上へ向けるように左右に振ります。左右10回ずつおこないます。

◎全身に血をめぐらせる心臓と脳をつなぐのは首だけ。
凝った首の筋肉をほぐすと、自律神経のおおもとである脳の血行がアップし、自然とメリハリのある生活ができるようになるとのことです(*^-^*)

 

f:id:onkatsu:20190329194801j:plain