パニック障害を克服した40代ママの健康温活Life

ストレスや冷えから自律神経失調症、パニック障害になったことがあり、健康や温活に関する食品やサプリ、運動などを取り入れ克服できた内容をご紹介しています。

血流改善に酢玉ねぎ

血流改善に酢玉ねぎ

 

血流改善と健康のために、2年ほど前から「酢玉ねぎ」を取り入れました。

 

玉ねぎには、硫化アリルというビタミンB1の吸収を促す作用があります。ビタミンB1には、疲労回復や不眠解消、集中力アップといった効果があります。

 

また、硫化アリルには血栓を溶かすことで血液をサラサラにする作用があると言われているので、玉ねぎを食生活に取り入れることによって動脈硬化などが改善されるとも言われています。

 

☆酢玉ねぎの効果

・疲労回復
・動脈硬化や高血圧予防
・食欲増進
・中性脂肪を減らす
・便秘解消
・不眠解消
・コレステロールを減らす

 

☆酢玉ねぎの作り方

・玉ねぎ・・・中1個(約200g)
・酢・・・大さじ5(醸造酢でしたら何でも良いです)
・はちみつ・・・大さじ2(量はお好みで)

 

1.玉ねぎの皮をむき、薄くスライスします。スライスしたら15分以上そのままおく。(水にはさらさない)空気中にさらすことで辛みが飛び、味と栄養成分を安定させます。

2.保存容器に1の玉ねぎと酢を入れ、はちみつも入れます。

3.冷蔵庫に一晩入れて出来上がり!

 

酢玉ねぎは、2~3日ほど寝かすと食べごろです。

 

1日に食べる量の目安は50g程度。

 

酢も一緒に飲むと効果がUPします🎵

 

私は、そのまま食べるのも好きですが、毎日食べるものなので飽きてしまわないように、サラダに混ぜたりハンバーグのソースに入れたり、いろいろとアレンジしています。

 

保存方法は、ビンに小分けにして保存しています。

 

作った酢玉ねぎの賞味期限は、1週間~2週間なので玉ねぎが安くなっているときに多めに買っておき、食べきれる分量をまとめて作っています。玉ねぎを大量にスライスする作業も私はストレス解消になっています🎵

 

酢玉ねぎを作るにあたり、何冊か本を購入し参考にしました。

 

酢たまねぎ体に効くレシピ90 有名医師も太鼓判!やせる!健康になる! (Fusosha mook) [ 藤田紘一郎 ]

価格:680円
(2017/10/20 03:33時点)


こちらは、酢玉ねぎを使ったレシピが多く載っていて分かりやすいです。

 

 

酢タマネギ健康生活 1日60gだけでやせる!病気にならない! [ 石原結實 ]

価格:810円
(2017/10/20 03:35時点)


こちらは一番最初に購入した本で、酢玉ねぎについて詳しく書いてあり、勉強になりました。

 

今は、さらに冷凍で2ヵ月保存可能な『氷酢玉ねぎ』というのも取り入れています。氷酢玉ねぎは、ミキサーで作ったものを製氷皿に入れ、使いたい分だけ使えるのでスープに入れたり、お味噌汁に入れたり煮込み料理に使ったり、ハンバーグの中に入れたりと大変便利で子どもにも食べさせることができて本当に取り入れて良かったです♪