パニック障害を克服した40代ママの健康温活Life

ストレスや冷えから自律神経失調症、パニック障害になったことがあり、健康や温活に関する食品やサプリ、運動などを取り入れ克服できた内容をご紹介しています。

全身のめぐりをよくする『リンパ体操』

 

 

リンパの流れが滞ると
むくみが出やすくなったり
疲れやすい、
風邪をひきやすくなる、
体がだるくなる
などの不調に
つながることもあります。

 

また、
老廃物がうまく
排出されなくなるので、
肌荒れや肌のくすみ、
たるみの原因にもなります。

 

私は仕事中、
約7時間ほぼ
座りっぱなしです。
座りっぱなしは
体に良くないと聞き、
オフィスに一人になる
時間が数時間あるので、
手が空いたときに
軽くストレッチや
リンパ体操を
するようにしています♪

 

本格的なストレッチや
リンパ体操は、
お風呂上がりにしています。

 

今日は、
お風呂上がりに行っている
『リンパ体操』を(*^-^*)

 

①足を後ろに
引いて踏み込む
(左右各10秒)


背筋を伸ばして立ち、
手は腰に。
片足を後ろに引き
かかとを上げる。
そのままゆっくり
かかとを床につけ、
前足のひざを曲げて
しっかりと踏み込み、
10秒キープする。

 

②しゃがんで
ひざを抱え込む
(5秒)

 

かかとを
床につけたまま
しゃがんで、
両ひざを両腕で抱え込み
5秒キープ。
ひざを曲げて、
そけい部を刺激。

 

③立って足を開き、
腰を左右に振る
(3往復)

足を肩幅くらいに開き、
手は腰に。
そのまま腰骨を
突き出すようなイメージで
腰を左右に振り、
ゆっくりと3往復させる。

 

④腰を前後に
動かして骨盤を
前後に揺らす
(3往復)

③の状態から、
腰を基点に
お腹を前に突き出し、
上体をできるだけ
後ろに反らせることで
骨盤を立てる。
その後、
腰を基点に
上体を前に倒し、
お尻を突き出すことで
骨盤を寝かせる。
前後3往復行う。

 

⑤お尻を左右に動かし、
後ろもものリンパを流す
(5往復)


足を肩幅に開き、
背筋を伸ばしたまま
お尻を突き出すように
上体を少し前に倒す。
そのままお尻を斜め上に
持ち上げるように
左右に振る。
5往復行う。

 

⑥大きく
伸びをしながら
深呼吸
(正面、左右各1回)


軽く足を開いた状態で立ち、
両腕を上げ、
頭の上で手を組む。
大きく伸びをしながら深呼吸。

 

⑦わきの下を
つかみながら
腕を大きく回す
(前回し、
後ろ回し左右各3回)

片腕を上げたら、
反対の手で
腕を上げた方の
わきの下のくぼみに
4本指をあて、
親指をわきの前面に
添えて握るようにつかむ。
そのまま大きく腕を回す。

 

⑧力を抜いて
首を前に倒し、
首裏のリンパを刺激
(10秒)

肩の力を抜き、
頭を自然に前に倒す。
そのまま10秒キープして
元に戻す。

 

私は
すべての動作を
ゆっくり行うように
しています♪