パニック障害を克服した40代ママの健康温活Life

ストレスや冷えから自律神経失調症、パニック障害になったことがあり、健康や温活に関する食品やサプリ、運動などを取り入れ克服できた内容をご紹介しています。

ヨガで心も体もリラックス~肩のこりをほぐしたいとき

 

朝、起きたときやお風呂上がりにヨガをしています。先の先の先のことまで心配したり考えてしまう性格なので、朝と寝る前に一度心と体をリラックスさせ落ち着かせるために♪

 

 

ヨガでは、心と体は相互に作用するものと考えられ、継続して行うことで、ストレスへの耐性が強まり心の充足感も得られて、体を動かすとともに、呼吸や瞑想の力で眠っている心身のすみずみまで働きかけ、しなやかな心と体を作り上げてくれます。

 

体が感じる心地良さを意識することで、次第に心身が癒されていき、自分の体の「気づき」に意識を向けるのがヨガ。
私は毎日の習慣にしています。

 

☆肩のこりをほぐしたいときのヨガ

「こり」とは、筋肉の中の血流が滞り酸欠状態になったときに起こる症状。重い頭部や腕を支える肩は、体の中で最もこりが起こりやすいところです。無理にもみほぐさず、ゆっくりじわじわ血行を良くするヨガで解消!!

 

1.
両ひざをそろえて正座をする。

 

2.
両手をひざの前につき、息を吸いながら背中を起こして、あごを上げる。

 

3.
息を吐きながら両手を前へすべらし、上体を前に倒す。首の力を抜き、額を床につけて肩を沈めて、腰、背中、肩、腕がじわじわと伸ばされることに意識を集中し、自然呼吸で10~20秒キープ。

 

4.
ひざの左横に両手をつき、息を吸いながら上体を起こし、背筋を伸ばす。

 

5.
息を吐きながら右手を前に、左手を後ろにすべらせていきます。首の力を抜き、右肩をしっかりと沈めます、おしりが浮かないよう意識し、自然呼吸で10~20秒キープ。

 

※反対側も同様に

 

朝やお風呂上がりだけではなく、パソコン作業のあとや肩が疲れたときにも行うようにしています♪