パニック障害を克服した40代ママの健康温活Life

ストレスや冷えから自律神経失調症、パニック障害になったことがあり、健康や温活に関する食品やサプリ、運動などを取り入れ克服できた内容をご紹介しています。

ヨガで心も体もリラックス~3.ぐっすり眠るために

 

急に来る息苦しさ、動悸、フワフワしためまい、手足の冷え、ザワザワした気分、、、などたくさんの症状が頻繁に出ていたころ、ぐっすり眠れたことがありませんでした。寝れないまま外が明るくなっていくこともしょっちゅう、数時間おきに何回も目が覚めたり、布団に入り目を閉じても、また苦しくなるのかな・・・と、とにかく夜になるのが不安で怖かったのを覚えています。

 

主人は単身赴任なので、子どもと2人きり・・・夜は特に不安倍増でした( ノД`)

 

なんとか少しでも熟睡したい!!
次の日の朝、すっきり目覚め元気いっぱい子どもと過ごしてあげたい!
そんな思いで行っていたヨガがこちらです♪

 

☆ぐっすり眠るためのヨガ

手を上方に伸ばすことで肩甲骨が伸び、首と肩がリラックスします。就寝前のヨガは、興奮を鎮めて寝つきを良くするだけではなく、良質の眠りももたらしてくれます。ゆっくりとしたテンポで行うのが良いです。

 

1.
仰向けに寝て両足を真上に上げ、頭上の床に両足先をつけます。安定したら、両手を上方にゆるやかに伸ばします。肩甲骨をリラックスさせ、自然呼吸で20~30秒キープ。

 

 

 

ぐっすり眠りたく、当時は必死でこのポーズをしてから布団に入っていました。

 

 

今は、横になったら数秒で寝付け朝までぐっすりな毎日ですが、肩こり、首こり、肩甲骨まわりのこりの予防、解消のためにもこのポーズは行い続けています♪