パニック障害を克服した40代ママの健康温活Life

ストレスや冷えから自律神経失調症、パニック障害になったことがあり、健康や温活に関する食品やサプリ、運動などを取り入れ克服できた内容をご紹介しています。

呼吸が浅くなっているなと感じたときに行う『肋骨を動かす呼吸法』

 

 

呼吸が浅いと
自律神経の乱れや
様々な不調の
原因になります。


姿勢の悪さや
長時間同じ姿勢でいたり、
ストレスなどでも
呼吸が浅くなったりします。


肋骨を動かして
呼吸ができるようになると、
脂肪燃焼にもなり
ダイエット効果もあるとのことで、
私は呼吸が浅くなってるなと
感じると行うようにしています(*^-^*)

 

《座り姿勢》

①大きく伸びをしながら
息を吸って肋骨を広げる
(5秒)


イスに浅く腰かけ、
両足は左右に軽く開きます。
両腕を上に伸ばして
手を組みます。
5秒かけて
大きく息を吸いながら
さらに腕を伸ばします。
肺に空気を入れる感じで
胸をふくらませるのが
ポイントです。

 

②ゆっくり
息を吐きながら
リラックスする

上半身の伸びをゆるめ、
肩から脱力するように
リラックスしながら
息を吐きます。

 

③肋骨に触れながら
もういちど吸う

片方の腕を上に伸ばし、
もう片方の手を
上げた腕側の胸の側面、
肋骨の辺りにそえて
体を横に反らす。
5秒かけて
息をたっぷり吸って、
肋骨が動くのを確認します。

 

④息を吐きながら
肋骨の動きを確認する

③のままの体勢で、
肩の力を抜き
開いていた肋骨が
元の場所に戻ることを
確認しながら
ゆっくり息を吐く。

③→④を反対側も同様に行います。