パニック障害を克服した40代ママの健康温活Life

ストレスや冷えから自律神経失調症、パニック障害になったことがあり、健康や温活に関する食品やサプリ、運動などを取り入れ克服できた内容をご紹介しています。

寝る前のリラックス体操で自律神経を整える

 

体の深い部分の筋肉を
ゆっくり伸ばしたり、
心拍数の上がらない程度の
軽い運動を行うと、
副交感神経へと切り替わり
リラックス状態に。


私は、寝ている最中も
あまり寝返りを打たず、
朝起きると体がガチガチに凝り
朝から体が疲れているので、
寝る前に体をストレッチで
ほぐしてあげています(*^-^*)

 

①仰向けに寝て
足と腕を伸ばす
(5秒キープ)

枕は外し、
仰向けに寝て両足は軽く開き、
両腕は頭上に上げ手を組みます。
両腕と両足を上下に
引き合うようにして
大きく伸びをします。
この状態で5秒キープしたら、
手足の力を抜いて脱力します。

 

②左腕と右足、
右腕と左足を
上下に引っ張り合う
(各5秒)

両手、両足を
それぞれ大きく広げます。
左腕と右足を
それぞれ遠くに伸ばすように
斜めに引っ張り合い、
5秒キープして脱力します。
①~②を3セットほど繰り返すと
体の深部の筋肉がほぐれて、
リンパの流れも良くなります。